オカルト

分からない方がいい

212 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/07/07(土) 01:28

わたしの弟から聞いた本当の話です。
弟の友達のA君の実体験だそうです。

 A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。
外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。

せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。
ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。
A君も続いて、窓へ進みました。
お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。

真っ白な服を着た人、
(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです)
が1人立っています。
(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその
白い服の人は、くねくねと動き始めました。
(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な方向に体を曲げるのです。
とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。
くねくねくねくねと。
A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。
「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」
すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。
ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、分かったようです。
「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、
お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、答えてくれませんでした。

 あれは、一体なんだったのでしょうか?
今でも、A君は、分からないそうです。
 「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、私は弟に言ってみました。
これだけでは、私も何だか消化不良ですから。
すると、弟がこう言ったのです。
 「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」

ヒサユキ

276:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 22:53 ID:
2年くらい前に、ある掲示板で拾ったもののコピペです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
皆さんの意見を聞かせてください
 投稿日 2001年6月22日(金)21時51分 投稿者 夢見るMADOKA [*****.ppp.*****.ne.jp] 削除

初めて投稿します。
この話は私にとって本当に怖ろしい体験で、そのために長い間精神を病んでいました。
最近になってようやく落ち着いてきたので、自分の体験をまとめてみました。
読み直してみると何だか信じられないような話です。本当にあったことなのか自信がなくなってきて、全て私の妄想なのかもしれない、と考えてしまいます。
そこで誰かの意見を聞こうと思い立ちました。ワリと細かく書いてしまったので、かなり長いですが、興味のある方は読んでください。それで、私がおかしいのかどうか意見を聞かせて欲しいのです。

続きを読む

「光の誓い」

近所の「霊感おばさん」から夏祭りの時に聞いた話。
霊感おばさんの相談者の女性が幼稚園時代に体験した話だそうです。

私は幼稚園の頃に「光の誓い」という曲を歌った事を覚えている。
だけれど大人になった今、光の誓い がどんな歌だったのか覚えていない…
今でも大切に取って置いている幼稚園の頃の歌の本にも載って無いし、
ネットとかでも色々調べてみたけれど同じ名前の童謡は無かった。
続きを読む

目に見えないものって本当にいるかもしれないと思った話。(体験談)

(体験談ですが、零感なので特に怖い事は起こってないです。)

昨日、近所の神社に参拝した。
(日課というほどでもないけど、そこの和やかな落ち着く雰囲気が好きなのでよく行ってる。)
そしたら今日は、参道の真ん中に車が置いてあった。
道を遮るように置いてて、なんだなんだと思いながら車を避けて手を合わせに行くと、丁度神主さんと3人のお客さんが中にいた。
神主さんはお客さんに祝詞を挙げはじめた。
私は、そういうのを端で聞くの好きだったから、いつものように賽銭箱の外側の隅の方で、じっとして聞く事にした。

神主さんが祝詞を挙げる。相変わらず何言ってるのか分からないが、祝詞を挙げる神主さんはいつものようにカッコいい。
しかし、奇妙なのが、お客さんたちの回りをハエが沢山湧いていて鬱陶しかった事だ。
季節だしハエがいる事自体はおかしくないが、数がすごくて塊のように3人の間を取り巻いていて、たまに神主さんの近くにも飛んでいるのに、何故か神様の本体より周りには近付かない。(これも不思議だけど、虫よけでも置いてるんだろうか。)
そして、風。風がものすごかった。今まで全くなかったのにいきなり、神主さんが祝詞を挙げる度に風がびゅおおー!とふき始めた。
吹き荒れる風と神主のいかめしい祝詞、蚊取り線香の匂い、そこに雅楽が合わさって、なんとも神妙な気分になった。(そこで神社と風の関係思い出してちょっとゾッとした。)

少し経つと、途切れ途切れだが、神主さんの挙げる祝詞の内容が分かってきはじめた。
どうやらその3人の方達は参道の車の御祓いを受けにきたのらしい。
次に、神主さんと3人は車のお祓いに向かった。
外に出てきたので、私はそそくさと家に帰ったのだが、途中までは見ていた。
車の中に細かい紙をまいていると、神主さんはドアに挟まってしまった。

「車が私をかみましたわ。笑」

ネタだと思うけど、事故車ならシャレになんねーぞ…。

『ドルフィンリング』

ブログ用挿絵


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?266



951 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 22:57:27.90 ID:BndriAnC0
ドルフィンリングと言うイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。
当時私はリア消(低学年)で、10歳年の離れた姉がいるんだけど、姉はいわゆるDQNで、
夏休みになるとほぼ毎晩DQN仲間をうちに連れてきては、親と喧嘩をしていた。

で、この当時、子供嫌いのお兄さん(以下A)、優しいお姉さん(以下B)と言う二人が、
いつも家に遊びに来ていた。
Aさんは私が姉の部屋に近づくと凄い怒って、「ガキがくんじゃねーよ!」って怒鳴り散らすのね。
その度にBさんや他の人たちが、「小さい子にそんな事言うなよ~」とフォローしてくれて、
「Cちゃん(私)だって遊びたかったんだよね」とか言ってお菓子くれたり、部屋に入れてくれた。
正直私はAさんが嫌いだった。
だって人の家に来て泊っていったりするのに優しくしてくれないし、
私が姉の部屋に近づこうとすると、「チッ!」って舌打ちして威嚇するし、
たまに外で会っても「ガンくれてんじゃねーぞ!」とか言ったりして、とにかく怖かったから。
逆にBさんのことは大好きだった。
BさんはAさんと違ってて、うちに来る度に花火やお菓子をくれたり、
Aさんのフォローもしてくれたり、外で会えば必ず声をかけてくれて、
友達のいない私が寂しいだろうからって、一緒に遊んでくれたりもしたんだ。
Bさんの口癖は、「Cちゃんが私の妹ならいいのに」だった。

続きを読む