神社・神様

[洒落怖]もりもり様

73 本当にあった怖い名無し sage 2012/04/11(水) 18:06:20.65 ID:xaWSJwLS0
ちょっと燃料投下してみる。
一応二ヶ月ほど前の出来事なんだが、現実味は薄いんで燃料にもならんかもしれんが。
個人的には数年後が心配な話。


おれの田舎は四国。
詳しくは言えないけど、高知の山のそのまた山深い小さな集落だ。
田舎と言っても、祖母の故郷であって親父の代からずっと関西暮らしで
親類縁者も殆どが村を出ていたため、長らく疎遠。
おれが小さい頃に一度行ったっきりで、足の悪い祖母は20年は帰ってもいないし取り立てて連絡をとりあうわけでもなし
とにかく全くといっていいほど関わりがなかった。

成長したおれは免許を取り、ぼろいデミオで大阪の街を乗り回していたのだが
ある日、どこぞの営業バンが横っ腹に突っ込んできてあえなく廃車となってしまった。
貧乏なおれは泣く泣く車生活を断念しようとしていたところに
例の田舎から連絡が入った。

本当に偶然、近況報告みたいな形で電 話してきたらしい。
電話に出たのは親父だが、おれが事故で車を失った話をしたところ
車を一台処分するところだった、なんならタダでやるけどいらないか?
と言ってきたんだそうだ。

勝手に話をすすめて、おれが帰宅した時に
「あたらしい車が来るぞ!」
と親父が言うもんだからびっくりした。

元々の所有者の大叔父が歳くって狭い山道の運転は危なっかしいとの理由で
後日ほんとに陸送で車が届けられた。

続きを読む

朽縄(くちなー)様

田舎に住む祖父は、左手小指の第一関節の骨がありません。 
つまむとグニャリと潰れて、どの角度にも自由に曲がります。 
小さい頃は、それが不思議で 

「キャー!じいちゃんすごい! 
 なんで?なんで?」 


と無邪気にはしゃいでいました。 
祖父はニコニコしながら 

「ありゃー!可愛い孫に、じいちゃん骨抜きじゃー。」 

などと、冗談めかしてごまかしていましたが、私が小学校に上がるくらいのときに、その本当の理由を教えてくれました。 

以下、祖父(正夫)の語り口です。

続きを読む

目に見えないものって本当にいるかもしれないと思った話。(体験談)

(体験談ですが、零感なので特に怖い事は起こってないです。)

昨日、近所の神社に参拝した。
(日課というほどでもないけど、そこの和やかな落ち着く雰囲気が好きなのでよく行ってる。)
そしたら今日は、参道の真ん中に車が置いてあった。
道を遮るように置いてて、なんだなんだと思いながら車を避けて手を合わせに行くと、丁度神主さんと3人のお客さんが中にいた。
神主さんはお客さんに祝詞を挙げはじめた。
私は、そういうのを端で聞くの好きだったから、いつものように賽銭箱の外側の隅の方で、じっとして聞く事にした。

神主さんが祝詞を挙げる。相変わらず何言ってるのか分からないが、祝詞を挙げる神主さんはいつものようにカッコいい。
しかし、奇妙なのが、お客さんたちの回りをハエが沢山湧いていて鬱陶しかった事だ。
季節だしハエがいる事自体はおかしくないが、数がすごくて塊のように3人の間を取り巻いていて、たまに神主さんの近くにも飛んでいるのに、何故か神様の本体より周りには近付かない。(これも不思議だけど、虫よけでも置いてるんだろうか。)
そして、風。風がものすごかった。今まで全くなかったのにいきなり、神主さんが祝詞を挙げる度に風がびゅおおー!とふき始めた。
吹き荒れる風と神主のいかめしい祝詞、蚊取り線香の匂い、そこに雅楽が合わさって、なんとも神妙な気分になった。(そこで神社と風の関係思い出してちょっとゾッとした。)

少し経つと、途切れ途切れだが、神主さんの挙げる祝詞の内容が分かってきはじめた。
どうやらその3人の方達は参道の車の御祓いを受けにきたのらしい。
次に、神主さんと3人は車のお祓いに向かった。
外に出てきたので、私はそそくさと家に帰ったのだが、途中までは見ていた。
車の中に細かい紙をまいていると、神主さんはドアに挟まってしまった。

「車が私をかみましたわ。笑」

ネタだと思うけど、事故車ならシャレになんねーぞ…。

電話に出る何か

233 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 11:12:10 ID:jJuJBpzV0
私の実家には電話に出る「何か」がいる 
家に誰も居ないとき限定で、家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出る 

それが無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に「はい(苗字)です」と、若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。 

で、「何か」に用事を頼むとしっかりこなしていてくれる。 
・お風呂沸かしておいて 
・○○の電源切り忘れたから切っておいて 
・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて 
などなど、敷地内限定かつ人に出会わないもの(宅配受け取って、などはNG) 

私が生まれたころからはじまったのでかれこれ数十年になるんだけど、いまだに「何か」は家にいるらしい。 
この間ためしに「母に○○と伝言お願い」と頼んだら、母が帰宅したらテーブルの上にメモ書きとして置かれていたそうな。
 

続きを読む

「かわいい人形」(後日談)

以前、七五三の前に祖父母の家の奥の間で、
青い袴の人に連れて行かれかけたという話を投稿した者です。
覚えておいででしょうか。
後日談が出てきてしまったので話させてください。
うまくまとめられなかったので少し長いです。

続きを読む