子供の時、

神社でどんぐり拾って遊んでいたら、

 

あかいみあおいみきいろのめ

ついてたたいてもちにすな」

 

とかなんとか、聞いたこともないような

変な唄が聞こえてきたんです。

 

子供の声だったので辺りを見回したら、

スーツ姿のおじさんが

背中を向けて立ってたんです。

 

変だなって思っていると、そのおじさんが、

ぴょんこぴょんこ飛び跳ねて、

藪の中に入って行っちゃったんです。

 

藪に入ってすぐ、おじさんは

顔だけこちらに突き出したんですが、

白い狐のお面を付けていました。

 

でも、目だけやたらとリアルで、

まるで本物みたいでした。

 

そして、またすぐに藪の中に

入って行ってしまいました。

 

怖いというか不思議というか、

今でも記憶に残っています。

 

(終)


歌がめっちゃ頭に残る┉