サッカー部にいたY君の話です。


Y君はある夜、誰もいない校庭で一人練習をしていました。

ミスしてしまい、明かりのない方へボールを蹴ってしまったそうです。


Y君はおそるおそる暗がりの方へ向かいました。

すると闇の中からポーンポーンとボールを蹴る音がしてきました。

そして、ずたずたと地面を蹴る音。

それは真っ直ぐこちらへ向かってきました。

それを見た瞬間、Y君はその場で立ちつくしてしまいました。


薄明かりの中に浮かんできたのはボールを突く2本の足でした。

そう、足だけがボールをけって目の前に現れたのです…


足は絶妙なドリブルと足さばきでY君を追い抜き、シュートを決めました。

普通なら逃げ出したくなるよう状況ですが、

ボランチで活躍するエースのY君は対抗意識を燃やし、足相手に果敢に攻め込みました。


試合を繰り返すうちにY君と足の間には
不思議な友情
が生まれました。

この真夜中の試合は夜な夜な行われました。


そんなある日です。

Y君は転校する事になり、そのことを足に告げました。

足は驚き、聞いていないとばかりにすくみ上がると、そのままにどこかへ行ってしまいました。

「まてよ、足!」


Y君が言うのも聞かず、足は彼方へ。


引っ越し当日。

Y君は落ち込んだ様子で車の後部座席に座っていました。


突然、母親が叫びました。

「何なのあれは!」

ふと、後ろを振り返ると、後ろからあの足が追いかけてきました。

一生懸命追いかけてくる足。

Y君は泣きながら叫びました。


「足!引っ越してもお前の事忘れないからなー!」





その時です。

車を運転する父は、バックミラーに映った足を見て気が動転してしまい、対向車線に飛び出してしまいました。

向こうから来た4tトラックにぶつかり
一家は全員即死

Y君の遺体は奇しくも足がぐちゃぐちゃに潰れきっていたとか…